​開催経緯

「さっぽろレインボープライド実行委員会」は15名の実行委員(2020年1月現在) により運営される非営利団体です。1996年、東京に次ぐ国内で2番目のLGBTパレードとして、「レズ・ビ・ゲイ プライドマーチ札幌」が開催されました。1999年には「レインボーマーチ」という名称となり、2013年の「レインボーマーチ札幌ファイナル」までの間に16回開催されてきました。2017年、札幌では4年ぶりとなるパレード「さっぽろレインボーマーチ+」が新団体によって一度だけ開催されました。

2013年に一度パレードが終了を迎えてからも、LGBT当事者による活動は着実に歴史を重ねてきました。多くの理解者・支援者の協力により、札幌市では2017年6月1日にパートナーシップ宣誓制度、同年10月1日にLGBTフレンドリー指標制度が施行されました。

2018年、新たなパレードに向けて実行委員会を結成し、2018年10月7日(日)に「さっぽろレインボープライド2018」を開催するに至りました。2019年9月15日(日)には「さっぽろレインボープライド2019」を開催しました。自分らしく日々笑顔で暮らせる社会、多様性を認め合う社会の更なる実現を目指すため、私たちはこれからも継続的にパレードを開催していきます。みなさまのパレードへご協力・ご参加をよろしくお願いいたします。

​開催目的

(1)さっぽろレインボープライドは、地域社会に対し、身近にLGBTが存在することを広く知らせます。


(2)さっぽろレインボープライドは、孤立するLGBTに対して自らの存在を肯定的に捉えられるよう情報を発信し、自己肯定感の向上を目指します。


(3)さっぽろレインボープライドは、LGBTが存在することを前提とする社会制度の構築を、行政や企業、教育現場への働きかけを通じて、広く社会全体へ訴えかけます。また、多様性を認め合い個性を尊重する豊かな社会の実現を提唱します。

過去のパレードの概要

DpoInCHU4AER7_j_edited.jpg

​2018年

IMGP3522_edited.jpg

​2019年