北海道芦別市のLGBT施策と市長応援メッセージ|2021年版

さっぽろレインボープライド2021の開催にあたり、北海道芦別市の市長、荻原貢様より温かい応援メッセージを頂きました!


あわせて、芦別市における性的マイノリティ(LGBT)対応の施策などについて、アンケートも頂きました。ご協力ありがとうございます!

それでは紹介します。


芦別市 市長 荻原貢 様(写真:芦別市提供)
上金剛山夜景・星空(写真:芦別市提供)

さっぽろレインボープライドが、多くの方々の参加のもと、盛大に開催されますことを心からお喜び申し上げます。

このイベントを通じて、ご尽力された関係者の皆様の熱い思いが、多くの方々の心に届き、一人ひとりの個性や人権が尊重される豊かな社会の実現が図られることを、心からご祈念申し上げます。


芦別市 荻原 貢 市長(写真:芦別市提供)
芦別市 荻原 貢 市長(写真:芦別市提供)

北海道内各市にアンケート形式で、性的マイノリティ対応に関する取り組みについてなどを伺いました。返信頂いたアンケート内容を紹介します。


※アンケート実施時期|2021年6月


Q1|市として性的マイノリティ対応として取り組んでいることがあれば教えて下さい(取り組み例=啓蒙活動イベント開催や冊子設置、申請書の性別欄廃止、差別禁止の条例制定など)。

なるべく具体的に教えて頂けますと有難いです。


A1|アンケートに記入いただいた内容


広報において市民に対し、「LGBT」など性的マイノリティに関する特集記事を掲載し、周知いたしました。

また、印鑑登録証明書の性別欄の廃止、住民票記載事項証明書の性別欄を選択制としております。


Q2|LGBT当事者の中には、自認する性別に合わせて名前の変更を希望する当事者がいます。各種身分証明書(保険証、住民票など)について、発行物の名前、氏名の変更は可能となっているでしょうか


はい / いいえ


A2|アンケートに記入いただいた内容


いいえ


Q3|LGBT当事者は、社会保障の面、精神面など、さまざまな側面からサポートが必要です。その相談窓口は設置していらっしゃいますか


はい / いいえ


A3|アンケートに記入いただいた内容


いいえ


Q4|今年札幌地裁にて、同性婚が認められていない日本の現状に違憲判決が下されました。また、各種自治体が(北海道では札幌市が例)続々とパートナーシップ制度の導入を検討、もしくは実際に導入しています。

このような傾向がある中で、パートナーシップ制度を導入するつもりがあるか否か教えてください。また、パートナーシップ制度について市としてどのように考えているか、ご意見もお聞かせください。


導入済 / 導入準備中 / 導入を検討中 / 導入するつもりがない 


A4|アンケートに記入いただいた内容


導入するつもりがない 


制度に対する要望は市民から寄せられていないこと等により、現在のところ、制度の導入は考えておりませんが、今日の多様性を認め合う共生社会の実現に向け、今後の様々な動きを察しながら、制度の導入に向けた調査・研究を進めてまいりたい。


芦別市公式ホームページ