活動報告2021|さっぽろテレビ塔が虹色に染まる日のムーブメント|暢華

実行委員の暢華です。

9月19日の夜、「さっぽろテレビ塔」が虹色に染まります。

社会情勢による不透明さはありつつも、この日は多様な価値観を活かしたムーブメントが起きるはず。


関連イベント

テレビ塔レインボーイルミネーション

2021年9月19日(日)


セクマイ(セクシャルマイノリティ、性的少数者)はその名のとおり、世の中全体から見たら少数派の人たちでしょう。

少数派といっても、当然ながら年齢も職業もバラバラ。

L・G・B・T・その他諸々多種多様なので、セクシャルマイノリティ自体がまさに多様性の坩堝です。

みなバラバラなので、同じことをするにも考え方や進め方も人それぞれ。

思うように進まなくてイラっとしてしまうことがあっても、それはみんなお互いさま。

私がしたことに対し「違う!」と思ってイラっとしてしまった方も多々いるはずですし。


意見の違いや考え方の違いはあっても、人ぞれぞれの得意分野や上手にこなせる作業を分担して進めていくことはできます。


一人ひとりの行いはバラバラでも、さまざまな色に染まったパーツをしっかり積み上げていけば一つの素敵な作品になります。

足元の色がなくては崩れてしまいますし、てっぺんの色がなくては物足りない印象になるはずです。

さっぽろテレビ塔のイルミネーションが虹色に染まる日まであと約1カ月。

レインボー色のタワーに相応しく、この日は多種多様な個性を積み上げて一つのカラフルなムーブメントが起きるはず。

どこかの色が欠けてしまうことのないよう、取り残されることのないような世の中に。

そんなことを願いつつ、一か月後を迎えましょう♪